観光部ブログ

2011年07月26日(火)

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭 続編〜 [観光情報]

画像(240x180)・拡大画像(461x346)

今回は 仕事終わりに宵宵山へ
繰り出してきました
金曜日の夕方ということもあり
歩行者天国になる頃には一気に
ひとが溢れかえってきました
例年に比べてカラッとした気候では
あるものの やっぱり京都の夏の
暑さは相当なモノですネ〜

すぐに ウロウロしにくくなったので
観るところを絞って楽しんできました

画像(240x180)・拡大画像(461x346)

カマキリのからくり人形で有名な
蟷螂山(とうろうやま)です
唯一 動く人形の山鉾なんですね
巡行の祭には 下に3人ほど入り
紐で頭やカマや羽を動かすのだ
そうです
巡行の日に観てみたいですね


画像(240x180)・拡大画像(461x346)

こちらは 船鉾(ふねほこ)です
鉾自体が船の形をしていて
とても特徴的な鉾のひとつです
宵山(宵宵山を含む)には
鉾に上がることができるので
大変な賑わいでした
(他にもいくつか上がることができる
山鉾があります)

画像(240x180)・拡大画像(461x346)

船鉾から新町通を上がったところに
大船鉾(おおふねぼこ)の四条町が
あります
こちらは巡行しない「居祭(いまつり)」
となります
巡行行事の他にも この居祭も含めて
山鉾行事として世界無形文化遺産に
登録されているのです


画像(240x180)・拡大画像(461x346)

応仁の乱や蛤御門の変など 京都は
度重なる大火にみまわれ多くの文化財
を焼失しています
こちらの大船鉾も船の木組みや調度品
を焼失したのですが
現在は 懸装品の「お飾り」と「お囃子」
のみ行われています

しかし 今秋には鉾の再現と 近年中に巡行の復興まで
企画されているとのことでした 楽しみですネ!!

そして居祭にならんで 豪華で貴重な家宝や屏風などがお披露目される
「屏風祭」も見逃せません
今回は有料の有名旧家には入りませんでしたが 玄関先が解放されて
中を拝見できるところを幾つかまわりました
普段は目にすることの無い文化財は 祇園祭の歴史と文化の深さを
感じさせてくれます

画像(240x180)・拡大画像(461x346)

尾形光琳百花図屏風模写(丸山応挙作)

画像(180x240)・拡大画像(346x461)

画像(180x240)・拡大画像(346x461)

最後は なぜか親近感を覚える
月鉾に行ってきました
(弊社のタクシーのシンボルも
お月さんなんですネ〜)
月の由来は 全く別物で
直接関係はありませんが。。。
そんなことにはお構いなく
お近づきの印に お守りと手拭いを
ゲットしてきました
お守りは車内に付けてあります ハイ

画像(240x180)・拡大画像(461x346)

祇園祭は 山鉾巡行の後も
「御輿渡御」(神幸祭・還幸祭)
「花傘巡行」「神輿洗式」
最後に「疫神社夏越祭」と続き
まだまだ見所はいっぱいあります
見に行くことができれば 改めて
紹介させていただきます

とりあえず今回はここまで

Posted by 観光部

7

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

京都観光タクシー  ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

京都観光タクシー  ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

ドライバーからの秋便り 〜紅葉?編〜

ドライバーからの秋便り 〜紅葉?編〜

手打ちそば体験に行ってきました!!

手打ちそば体験に行ってきました!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog