観光部ブログ

2017年08月11日(金)

〜「京都のヒーロー:源義経を追いかけて 番外編」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

番外編として、
おススメの「義経小説」ベスト3を紹介します。


画像(220x320)

3位 義経 上・下 / 司馬遼太郎

この小説は最初違和感がありました。
なぜなら、司馬遼さんは義経のヒーロー性というより、
日本史に残る軍事的天才なのに政治的才能は0というところをユニークに
描いているからです。

だから源平合戦の華やかな部分は描かれていません。

でも二回目に読んだ際、
義経のそういった欠点さえ魅力である様に描かれているのでは?
と味方が変わりました。

読み手によって印象の変わる
ユニークな義経小説です。

画像(400x155)・拡大画像(497x193)

2位 新・平家物語 全16巻 / 吉川英治


こちらの大作。
前半は平清盛が主役ですが、
後半は敵方の義経と平教経・知盛のライバル対決と
平家の終焉が描かれていて一気の読破できます。

画像(400x311)・拡大画像(800x622)

1位 源 義経 全4巻 / 村上元三

義経に関して、
この小説を超えるものは無い気がします。

鞍馬時代から奥州時代、頼朝の出会いから
源平合戦、都落ちから再度奥州時代。

全て魅力的に描かれていて
家来や登場人物もキャラが生きていて
静香御前や義経の周りの女性たちも
生き生きと描かれています。


Posted by 観光部

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

ドライバーからの桜便り2013〜御室桜満開〜

ドライバーからの桜便り2013〜御室桜満開〜

桜速報 椿寒桜 宇多野病院(*^-^*)/

桜速報 椿寒桜 宇多野病院(*^-^*)/

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭〜

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭〜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog