観光部ブログ

2018年01月16日(火)

〜「京都の正月:大的大会(三十三間堂)」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

京都は朝晩一年で一番冷える季節を迎えています。

京都の1月の15日に近い日曜日。
今年は14日(日)に伝統の大的大会が
三十三間堂で行われました。

当日は気温が5度前後!!
何組もの新成人参加者を送迎しました。

本では読んだことがあっても
実際に彼ら・彼女らから聞いた
大会のリアルな緊張感に
ついつい「頑張って下さいね。」
と応援してしまいました。

センター試験や京都女子マラソンなど
同じ日に行われたのですが、
今回は「大的大会」にスポットを当ててみます。

画像(400x269)・拡大画像(683x460)

三十三間堂の通し矢は、
着物の新成人女子が弓を引く姿が美しく人気がある京都の冬の風物詩。
最近は外人観光客にも人気の行事です。
女子ばかりが目立ちますが、
新成人男子や称号者も出場します。

三十三間堂の通し矢は、
「大的(おおまと)大会」と呼ばれる競技大会で、
江戸時代の通し矢とは距離やルールが異なります。

新成人による通し矢は1951年(昭和26年)から行われてきました。

特に人気なのは振袖・袴の新成人女子。
着物姿は美しさと、たすきがけの後ろ姿は
見ていても華やか! 

日本人に生まれて良かったと思ってしまいます。

新成人なら誰でも申し込みできるわけではなく、
初段以上であることが条件です。
 
さらに大的大会では新成人だけでなく、
称号者(錬士・教士・範士)も出場します。

伝統的な所作も楽しめるわけです。

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

タイムスケジュールは
大体こんな感じだったようです。

07:45 開会式
08:00 矢渡し
08:30 新成人男子
10:50 新成人女子
13:50 称号者
15:00 決勝

通し矢の的までの距離は60m!!

新成人競技者によると普段こんなに遠い的を射ることは
少ないそうです。

予選の新成人の的の大きさは100cm、
称号者の的の大きさは79cm。
 
1人が射る矢の数は2本(一手)で、
決勝に進むための条件は2本とも的にあてること。
 
予選で射る新成人の人数は例年、
男女合わせて約2000人。
称号者の人数は約100人。
 
1人が2射する時間はおよそ2分。
1つの的を同時に3人が行射します(各々自分のタイミングで射ます。)。
的は合計4つ設置され、12人が横に並んで弓を引きます。
 
 
決勝は1射ずつ矢を放って、
外した人が脱落していく射詰競射(いづめきょうしゃ)のルールで進行。
最後まで残った人が優勝です。

的までの距離は60m。
的の大きさは新成人が79cm、称号者が50cm。
 
ちなみに矢は自前のものを使用。
放ってしばらくたった後に
複数名分の矢がまとめて返却されます。
その中から自分のものを回収します。

画像(400x265)・拡大画像(624x414)

当日送迎した新成人競技者のお客様に
教えていただいた話では、

1400番台の番号の彼女が射たときに
的を二つとも射抜いて決勝進出が決まっていたのは
たった1名だった!!!

それだけ難しい、精神力・集中力がいる競技!

もうひとつ、こぼれ話。
当日はウォーミングアップや練習などなしのぶっつけ本番。

順番待ちは外なので
かなり体が冷えてしまい、
それも競技に影響する。

競技後の爽やかな表情を見ると
参加することに意義があるのでしょうね。

来年は実際に現場で見てみたいなーと感じました。

競技者の皆様、ご苦労様でした。

画像(400x354)・拡大画像(470x416)

番外編 楊枝のお加地

大的大会をフィーチャーしましたが、
三十三間堂で同日に行われる「楊枝のお加地」も
京都の1月の風物詩。

「楊枝のお加持(やなぎのおかじ)」とは、
平安時代から続くインド伝来の修法といわれています。
 
この日に参拝に行くと、観音様に祈願に用いた特別な水を、
「聖樹・楊枝=柳の枝」で振りかけてくれます。
この参拝に参加することで
頭痛を和らぎ、無病息災のご利益があるといわれているのです。
 
昔から、大的大会(通し矢)と同じ日に楊枝のお加持が行われてきました。
だから、この二つの行事は常にセットなんです。
 
開門時間:8am〜5pm
参拝時間:9am〜3:30pm
拝観料: 無料 (当日のみ)
  

Posted by 観光部

1

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

ドライバーからの小さな新緑便り 〜洛北・一乗寺〜

ドライバーからの小さな新緑便り 〜洛北・一乗寺〜

京都・鯖街道を辿る続編 

京都・鯖街道を辿る続編 

雪の金閣寺

雪の金閣寺

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog