観光部ブログ

2018年01月21日(日)

〜「京都の正月:東寺 初弘法市の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

1月も終盤となり
京都の街中も静かな季節。
いつもは沢山の観光客でにぎわう京都ですが、
これが本来の姿なのかも知れません。

そんな中、
ひと際に賑やかなイベントが
東寺の初弘法 と 北野天満宮の初天神!

今回は「初弘法」について触れてみます。

画像(320x240)

五重の塔と露店

「弘法さん」。
そう、あの弘法大師「空海」のことです。
794年に東寺と西寺が建立され(西寺は早くに衰退し現在は跡地のみ。)、
空海が真言密教の道場として基礎を固め、
中世近世を通して勢力を維持してきました。

大師の信仰は厚く、
大師の住坊を再建したと言われる東寺西院御影堂(みえいどう)には、
月の21日(大師の忌日)に大勢の信者が参拝にやって来ます。

人々が盛んに参詣に訪れるようになったので、
当時『一服一銭』と言われるごく
簡素な屋台で茶を商う商人(茶店の前身のようなもの)が出始めるようになり、
江戸時代には茶店だけではなく、植木屋や薬屋なども出てくるようになりました。
これが現在の「弘法さん」の起源だと言われています。

毎月21日に催される弘法さんですが、
1月を「初弘法」 12月を「終い弘法」と呼び
沢山の参拝客、観光客が訪れます。

骨董・特産品・植木・園芸・陶器など、
1100軒の露店が並びます。
たくさんのお店。掘り出し物を見つけるのも楽しみの一つ。


買う気があるときは値切ってみましょう。
結構値引きしてくれます。

僕は仏像の置物に目が留まり、
いくつか買って相当値切ってしまいました。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

仏像の置物を売る露店で値切ってみた!

画像(322x400)・拡大画像(350x434)

弘法大師 空海。京都には空海ゆかりの寺院が沢山あります。

いかがですか?
一度「弘法さん」の日に
東寺を訪れてみて下さい。

注意としては、
沢山の参拝客の中には高齢の方も多いので
周りに気を使いながら楽しんで下さい。

そして
骨董市では 所謂「ばったもの」偽物もありますので
ご自身の判断で購入してください。
自分の目で気に入ったものを、
自分が納得する値段で購入するのが
極意であると思います。

露店の写真を撮ったり、たたき売りを見物する際は
注意。 写真を嫌ったり、見物するなら買う、
という暗黙のルールを持つ露店主も存在します。


最後に
せっかく東寺を参拝したなら、
五重塔や金堂の国宝や重要文化財など、
しっかり見て下さいね。

Posted by 観光部

1

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

新洛中洛外百景(其の壱) 花吹雪

新洛中洛外百景(其の壱) 花吹雪

〜「一見さんお断り その2:祇園町の世界」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「一見さんお断り その2:祇園町の世界」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭〜

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭〜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog