観光部ブログ

2018年05月28日(月)

〜「日本三如来 : その@ 因幡薬師堂(平等寺)」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(400x300)

因幡薬師。

その名で親しまれている平等寺。

京都市の真ん中。
烏丸高辻と松原の間、東側にあるので
京都に来たら一度は通り過ぎているような
中心地に立地します。

狂言演目の「因幡堂」「鬼瓦」の舞台にも
なっています。

創建は1003年、
幾度の火災で燃えていますが
千年以上、同じ場所に残っている
庶民の寺。

病気平癒、子授け、安産の仏様としても有名ですが、

とりわけ「がん封じ」の仏様として信仰されています。

画像(278x400)・拡大画像(400x575)

本尊「薬師如来像」(非公開)

因幡堂が建てられた平安時代、
その頃洛中での寺院建立は
「東寺」「西寺」以外は許されていませんでした。

そこから
洛中には「寺」と称さずに
「堂」と名乗る私的な持仏堂が
多く生まれたそうです。

「因幡堂」もその一つ。
貴族 橘 行平(たちばなのゆきひら)が建てました。

なぜ、薬師如来?因幡堂?なのか。

行平が天皇の勅命で
因幡国司として因幡に遣わされ、
その任務の帰路で
病に倒れます。

行平は夢で
僧が因幡の海中の浮き木を供養しなさい、
と告げたのを信じ
探索させたところ一つ光る浮き木を発見し
それが薬師如来像だった、
そして病も消えて元気を取り戻した、
という言い伝え。

実際には10〜11世紀に流木から
造られた一木造りであるという説が
信憑性高いようです。

画像(326x400)・拡大画像(376x460)

本尊の薬師如来像は非公開ですが
3年前に特別公開されました。

御開帳は本堂ではなく
その横の収蔵庫で行われました。

写真のように
頭の上に頭巾?帽子?のようなものを
かぶっています。

因幡薬師を安置している厨子は江戸時代後期のもの。
後ろにローラーがついていて
火災など緊急時に運びやすく作ってあり、

薬師如来像は厨子になんとか入る大きさ。
運ぶ際に頭をぶつけて破損などせぬように
頭巾をかぶっているそうです。

画像(400x301)・拡大画像(800x602)

現在の本堂は
明治19年に再建されたもの。

本堂、須弥壇の裏側には
明治・大正時代の画家 鈴木松年筆、仁王画があります。

口を開けた 阿形(あぎょう) 、くちを閉じた吽形(うんぎょう)
の金剛力士像が
寺の入口であった方向で睨みをきかせて
守護する画です。

画像(400x300)・拡大画像(624x468)

収蔵庫前にある神獣「贔屓(ひき)」

画像(400x300)・拡大画像(552x414)

本堂横の「鬼瓦」

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

がん封じ 塗り香

画像(340x300)

「がん封じ」の薬師如来として
有名ですが、

もうひとつ人気なのが
「インコお守り」

無病息災、がん封じのお守りとして

「病が飛び去るように・・」
「幸せが飛んでくるように・・・」

という願いから インコお守りが人気なのだそうです。


実際に がんを患った全国の患者が訪れて、
数々の奇跡も起こっている、と聞きます。

観光でも、参拝でも
一度足を運ぶ価値のあるお寺です。

Posted by 観光部

5

2018


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

秋の観光シーズン到来!

秋の観光シーズン到来!

〜「京都の正月:東寺 初弘法市の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「京都の正月:東寺 初弘法市の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「ピロピが選ぶ 京都の御朱印」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「ピロピが選ぶ 京都の御朱印」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog