観光部ブログ

2017年09月05日(火)

〜「ピロピが選ぶ京グルメ@おめん」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

暑かった夏もようやくひと段落!

朝晩は過ごしやすくなりました。


「食欲の秋」近し!!
ということで 京都でおすすめのグルメを紹介します。


以前、スイーツの巻で
「評判や人気に関係なく僕のおすすめを紹介!」

と前述させてもらったのですが、
今回は評判・人気・味 すべての要素において
有名な 「おめん」を紹介します。


画像(220x329)

画像(400x300)・拡大画像(460x345)
画像(320x320)

今出川通りを東へ突き当たり、
銀閣寺前 交差点をさらに東へ、

鹿ケ谷通を南へすこし下がったところに、

「おめん 銀閣寺本店」
が見えてきます。


おめん創業は今から50年前の昭和42年。

京都の老舗と思いきや、
故郷は群馬県。

「おめん」とは、「御麺」がなまって派生した
群馬県の一部の方言から来ているそうです。

名物料理の名前もそのまま「おめん」。
うどんは国産小麦100%、自家製。

昆布やかつおベースの少し濃いめの「おだし」に、
旬の野菜、きんぴらごぼう、胡麻などの
薬味を加えて食べます。

現在では本店の他、先斗町、高台寺にも店舗があります。

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

お品書きがまたいとおかし!!

季節のおうどん、
お膳などあるのですが・・・

やはり、「おめん」がおすすめ!!

天ぷら付き、鯖寿司付もなかなかです。


*店はいつも行列や待ちがありますが、
 麺類だけに回転が速く、
 以外に待たずに店内へ入れます。

 ただし、観光シーズンは予約必要です。

画像(400x300)・拡大画像(600x450)

「おめん」を注文すると
まず 小皿に綺麗に盛られた薬味が登場。

こちらでは
九州阿蘇山系の大自然ではぐくまれた
「あ・ぜん」の食材や調味料が使用されているそうです。
http://azenjapan.co.jp/

画像(240x240)・拡大画像(450x450)

画像(250x250)

そして

「おめん」が到着。

写真は天ぷら付き と 鯖寿司です。

僕は両親が四国出身なので、
太くて腰の強い讃岐うどんに慣れていますが、

「おめん」はそれに比べて細めながら、
讃岐に負けない腰と、小麦の風味が生きた麺で、
なかなか食べ応え十分です。

これからの季節、
「おめん」でお腹を満たしてから
銀閣寺、哲学の道を散策するのも
おすすめです。

地元や京都好きの方には
あまりにも有名店ですが、

一度試してみて下さい。

Posted by 観光部   パーマリンク

2017年08月11日(金)

〜「京都のヒーロー:源義経を追いかけて 番外編」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

番外編として、
おススメの「義経小説」ベスト3を紹介します。


画像(220x320)

3位 義経 上・下 / 司馬遼太郎

この小説は最初違和感がありました。
なぜなら、司馬遼さんは義経のヒーロー性というより、
日本史に残る軍事的天才なのに政治的才能は0というところをユニークに
描いているからです。

だから源平合戦の華やかな部分は描かれていません。

でも二回目に読んだ際、
義経のそういった欠点さえ魅力である様に描かれているのでは?
と味方が変わりました。

読み手によって印象の変わる
ユニークな義経小説です。

画像(400x155)・拡大画像(497x193)

2位 新・平家物語 全16巻 / 吉川英治


こちらの大作。
前半は平清盛が主役ですが、
後半は敵方の義経と平教経・知盛のライバル対決と
平家の終焉が描かれていて一気の読破できます。

画像(400x311)・拡大画像(800x622)

1位 源 義経 全4巻 / 村上元三

義経に関して、
この小説を超えるものは無い気がします。

鞍馬時代から奥州時代、頼朝の出会いから
源平合戦、都落ちから再度奥州時代。

全て魅力的に描かれていて
家来や登場人物もキャラが生きていて
静香御前や義経の周りの女性たちも
生き生きと描かれています。


Posted by 観光部   パーマリンク

〜「京都のヒーロー:源義経を追いかけて そのA」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(226x301)

義経が幼少時代をすごした
鞍馬付近へ。

出町柳駅から叡山電鉄で「鞍馬駅」へ。

画像(400x265)・拡大画像(560x371)

鞍馬寺


湛慶作の仁王像を潜り、
まず目に飛び込んできたのが比較的新しい朱塗りの社。
立て札には「鬼一法眼社」とあり、
牛若丸に兵法を授けたと言われる武芸の達人・鬼一法眼を祀っている。


『義経記』によると法眼ははじめ、弟子を使って義経を殺害させようとしたが失敗した。
その後に義経の魅力を知り、兵法を授けたそうだ。
武蔵坊弁慶
常陸坊海尊
佐藤継信・忠信兄弟
金売り吉次

鎌倉方でも
佐々木高綱などは 義経に惹かれていった記述が多く残っている。

政治感覚はゼロだった義経だが、
軍事的天才、そして何より人としての魅力を
兼ね備えていたと思われます。

画像(300x330)
画像(400x266)・拡大画像(800x533)

さらに奥へ進むと
「鞍馬の火祭」で有名な由岐神社が。

有名な天狗のおみくじもあります。

画像(250x200)
画像(240x159)

さらに進むと
川上地蔵堂があります。

仁王門から本堂へと続く急坂は「九十九折の坂」として
枕草子にも読まれているそうです。

「川上地蔵堂」
比較的新しいお堂とお地蔵さんが。
ここには牛若丸の守り本尊の地蔵尊が祀られており、
鞍馬での剣術修行の際手を合わせていたと伝わっています。

画像(400x291)・拡大画像(610x445)

東光坊跡

さらに登ると、
牛若丸が7歳から10年間暮らした東光坊跡がある。

遮那王と名乗り、
覚日阿闍梨の元で仏法修行に励むはずだった義経だが、
夜な夜な東光坊を抜け出し、
父の敵を討つべく奥の院で
兵法修行に励んでいたと伝わる場所。

現在では義経供養塔が建っています。

画像(400x266)・拡大画像(640x427)
画像(400x272)・拡大画像(800x544)

鞍馬寺金堂

程なく「金堂」に辿り着いた。
本尊・鞍馬山尊天は秘仏とされ、
代わりに大杉権現の霊木で作った尊天が拝観できる。

宝殿は薄暗く、信者の髪の毛を納めた容器が並んでいます。

9月15日には義経祭が開催される。
毎年、義経の御霊を慰め業績を称えている。

金堂の横には「瑞風庭」と呼ばれる盛り砂がある小さい庭がある。
これは650万年前に人類救済のため、
魔王尊が金星より降臨したところを表したもの。

瑞風庭の脇を通ってまた険しい階段が続く。
ここは奥の院魔王殿に続く道があります。


画像(320x240)
画像(400x225)・拡大画像(600x338)

少し上がると「牛若丸息次ぎの水」がある。



牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行に通った時に
喉の乾きを潤したと言われる清水。

画像(274x325)


暫く登ると「遮那王堂」「義経公背比べ石」が並んである。

背比べ石は義経が16歳で鞍馬山から降り、
奥州に向かうときに背比べをしたと伝わる石。
その石は意外に小さく、高さ1.2mくらい。



画像(400x265)・拡大画像(640x425)
画像(240x320)


魔王殿まで登る道は、 「木の根道」と呼ばれ、
杉の根が地を這うように複雑に絡み合っている。


更に登ると「僧正ヶ谷不動堂」。
杉の大木がそびえ立ち、深山幽谷の気配が漂うこの辺りは、
謡曲で牛若丸が鞍馬天狗と出会い、兵法を伝授された所。
堂内には伝教大師が刻んだと伝えられる不動明王像が安置されている。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)
画像(400x300)・拡大画像(600x450)

その向かいには
義経を祀る「義経堂」があります。

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

奥の院魔王殿。

650万年前に金星より降臨した魔王尊を祀っている。
周辺に露出している石灰岩は
2億6000年前に海底が隆起したものであると言われています。

こういう環境のもと、
義経の才能は磨かれていったのです。

歩いて登ってみると、
一の谷の鵯越の逆落とし、
屋島の奇襲、
壇之浦の八艘飛びなど、
全てが鞍馬山の生活とダブってくるのです。

Posted by 観光部   パーマリンク

〜「京都のヒーロー:源義経を追いかけて」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

皆さん。
残暑お見舞い申し上げます。



今回は京都生まれ、京都育ち、
日本史上最も人気のある、なぞに包まれた武将、
京都のヒーロー「源義経」にスポットを当ててみました。



義経に関連する京都観光を紹介しようと思います。





画像(400x300)・拡大画像(480x360)

義経。

「判官びいき」という言葉は
義経の短い、華麗な、謎の人生を
後世の日本人が愛してきたことを
表す言葉で、

悲劇的ではあるが
華やかな義経という武将を、
鎌倉幕府を築き歴史上名を遺す
兄の頼朝よりも好む、
日本人の国民性を表していると思います。




画像(293x400)・拡大画像(587x800)

九郎判官・源義経は京都生まれ。

幼い頃父・義朝を亡くし、
母・常磐御前が敵方の平清盛の愛妾になることで
義経は生き延びる事になります。

幼名を牛若丸といい、
6歳の時、僧侶になるべく鞍馬山に預けられるが、
夜な夜な抜け出し、
天狗に兵法修行を受けていたという話は有名。

その後、奥州へ渡り藤原秀衡の擁護のもと成長し、
異母兄・頼朝の挙兵に応じて平氏追討の戦いに参加。

宇治川の戦い、一の谷、屋島、壇之浦など数々の戦功を立てる。
戦いには天才的な能力を発揮するが、政治能力はなく、
間もなく頼朝に疎まれ、
逃れた奥州衣川で武蔵坊弁慶らに守られて自刃しました。

後世、「義経記」をはじめ、
「義経千本桜」など、現在ではアニメやコミックの主人公として
義経は愛され続けて多くの伝説も残っています。


義経の故郷、京都にも鞍馬山にもゆかりの史跡が多く残されている。 

その史跡を巡ってみましょう。

画像(400x363)・拡大画像(500x454)
画像(72x189)

北区紫竹に牛若丸が幼少期を過ごした 「牛若」という地名が残っています。

父・源義朝の別邸が紫竹にあったとされ、
母・常磐御前はこの地で牛若丸を出産。
そのため牛若丸と生母・常磐御前にまつわる史跡が数多く残ってます。

まず市バス46号系統「牛若」で下車してみましょう。

画像(360x213)

常徳寺。

北山通と牛若通が交差する角に常徳寺はあります。
お堂の奥に常磐御前が牛若丸の安産を祈願して寄進したと伝えられる
「常磐地蔵」が鎮座しています。


画像(300x400)・拡大画像(550x733)

常徳寺付近の光念寺にも
常磐御前の守り本尊「腹帯地蔵」が 祀られています。

画像(267x400)・拡大画像(389x581)
画像(300x400)・拡大画像(320x426)

紫竹付近に源義朝邸があったとされていて、
「牛若丸誕生井」と刻まれた大きな石碑が、畑の中に立っており、
その裏側に小さな井戸があった。
同じ敷地内には「胞衣塚」と言われる小塚があり、
ここに牛若丸のへその緒と胞衣が埋められたと伝えられています。

(地図を参照ください)

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

首途八幡宮。

市バス46号系統に乗り、千本今出川バス停下車。


西に7分ほど歩き、今出川智恵光院上がったあたりに
「首途八幡宮」(かどではちまんぐう)がある。

ここは義経を奥州に導いた金売吉次の邸宅があった所で
首途(かどで)という名の由来は義経が奥州出発に際し、
ここで道中の無事を祈願したところから来ている。

現在でも義経にあやかって
旅行の安全を願う参詣者が多いと聞きました。



画像(400x266)・拡大画像(640x426)

三条河原町を西へ


三条麩屋町東のビルの前に、
「弁慶石」がある。

牛若丸を助けた弁慶が常に腰掛けていた石だとも、
比叡山から弁慶が投げた石とも、
平泉衣川の戦いに立ち往生した弁慶がこの石になったとも、
不思議な伝説があります。

元は鞍馬口にあったものが
洪水によってこの地に流れ着いたそうです。

画像(240x180)・拡大画像(400x300)

蹴上

三条大橋を渡り京阪三条から西へ。
蹴上という地名があります。

奥州へ向かう途中、
義経は蹴上の地で9人の平家の追手を殺しました。
(武者の馬が蹴上た泥水がかかったので怒って殺したので
蹴上という地名になったという説もあります)。


義経大日如来

その菩提を弔うために9体の地蔵を祀ったというのだが、
そのうちの一体が
蹴上のインクラインを上がったところにある「義経大日如来」です。

画像(400x199)・拡大画像(600x299)
画像(400x300)・拡大画像(480x360)

牛若丸弁慶像


牛若丸と弁慶が決闘した五条大橋を渡ると、
小さな石造りの牛若丸と弁慶像が見えてくる。
実際は現在の松原橋あたりが当時の五条大橋。


牛若丸はここ五条大橋の欄干の上で
刀狩をしていた弁慶の攻撃をひらりひらりと交わした?
そして弁慶は牛若の家来となった?
という伝説は皆さんご存知でしょう。

義経も弁慶も伝説の多い存在で
ほとんどが後世に作り足されたものだと
思いますが、
鎌倉方の手記にも義経の武勇伝は多く残されていることや

一の谷の大勝利のあと、
あまりの義経人気に 頼朝によって軍から外されるが、
戦況が停滞したことで
義経復帰、一気に大勝利したこと、

そういった事実から義経の華やかさや軍事的才能は
ヒーローにふさわしい存在であったのは間違いない
と思います。

画像(214x400)・拡大画像(420x783)

Posted by 観光部   パーマリンク

2017年07月31日(月)

〜「京都五山送り火」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

祇園祭が終わると
夏休み本番。
そしてもう一つの
京都夏の風物詩
「大文字の送り火」を迎えます。

8月16日夏の夜空をいろどる京都五山送り火。
この送り火としては東山如意ケ嶽の
「大文字」がもっともよく知られています。

そのほかに金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、
松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、
西賀茂船山の「船形」、
及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、
これらが、同夜相前後して点火され、
これを京都五山送り火とよんでいるのです。

今回は五山送り火について
書いてみます。

画像(400x184)・拡大画像(480x221)

以前には
「い(市原野)・
「ー」(鳴滝)・
「竹の先に鈴」(西山)・
「蛇」(北嵯峨)・
「長刀(観空寺村)なども、送り火として点火されていたらしいですが、
いつの間にか廃止されました。

―般的に、送り火そのものは
盆の翌日に行なわれる仏教的行事であり
ふたたび冥府にかえる精霊を送るという意昧。

通説によれば、この夜、松明の火を空に投げ上げて
虚空を行く霊を見送るという風習があり、
京都五山の送り火は、
これが山に点火されて
そこに留ったものであるといわれているそうです。



画像(400x208)・拡大画像(620x323)

それでは、
8月16日。
いつどこで送り火を見るといいのか??

スケジュール、
場所を図でご確認下さい。

画像(382x400)・拡大画像(758x792)

Posted by 観光部   パーマリンク

過去の記事へ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PHOTO

〜「禅」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「禅」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「ピロピが選ぶ京スイーツ@」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「ピロピが選ぶ京スイーツ@」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「一見さんお断り その2:祇園町の世界」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「一見さんお断り その2:祇園町の世界」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog