観光部ブログ

2018年02月26日(月)

〜「ピロピが選ぶ 京都の御朱印」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさんこんにちは。

春の気配が少しずつ感じられる京都。

今回は「御朱印」について紹介します。

仏像マニアである僕ですが、
実は御朱印マニアでもあり、小学生の頃から集めた御朱印帳が
現在18冊目!!

御朱印の魅力とは?

御朱印ブームでありますが、
御朱印を頂く意味とは? 歴史とは?

について紹介します。

画像(320x320)

御金神社の御朱印

御朱印は 寺社仏閣によって、墨書きされる方によって
味のあるアートと呼んでも良いものだ、
と思います。

まず、見た目に魅力を感じて
集める方も多いと思います。

御朱印のはじまりは・・・
こちらも一説ではありますが、

鎌倉時代に写経を奉納する際に受けた
「納経請取状」が始まりと言われています。

受付印?のような感じでしょうか?

江戸時代くらいになると、
寺院に参拝した証として受けられるようになり、
同様に神社にも広がっていきます。

ですから、
参拝した後に御朱印を受けることによって
御利益や功徳を受けられる、
というのが本来のあり方なのです。

日蓮宗の寺院では御朱印のことを「御首題(ごしゅだい)」と呼ぶようです。

御朱印には

参拝日付
寺院ゆかりの印
御本尊名
御宝印・三宝印
鎮座地

などが記されます。

それでは
僕が参拝した京都の寺院、神社の中で
お気に入りの御朱印を紹介したいと思います。

画像(400x293)・拡大画像(651x478)

佛光寺の御朱印。季節感あふれる挿絵がかわいい。

1.佛光寺

いつも人気の季節を表した挿絵が魅力。

少し前まで、毎月挿絵が変わっていましたが、
現在ではあまりの人気に
三か月ごとに。 一日先着限定人数が
御朱印を受けられます。

画像(256x400)・拡大画像(320x500)

若冲の骸骨絵は年によって色が変わります。

2.宝蔵寺
天才画家 伊藤若冲ゆかりの寺で伊藤家の菩提寺。

毎年2月8日、若冲の誕生日の前後数日間は若冲画の骸骨印のレア御朱印が。

画像(400x314)・拡大画像(610x480)

泉涌寺塔頭、即成院の御朱印

3.即成院

泉涌寺の塔頭 即成院。
皇室ゆかりの御寺。
弓の名手、那須与一ゆかりの寺でもあります。

御朱印も元旦、花まつり、ご本尊阿弥陀如来、那須与一など
色々なバージョンがありますが、
色彩といい字体といい
アート性の高いものが受けれます。

画像(400x261)・拡大画像(800x523)

神泉苑の御朱印には新たに「義経」バージョンも!!

4.神泉苑

白拍子静御前の雨ごいの舞や
「祇園祭」の起源としても有名な神泉苑。

御朱印にも多くの種類があります。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

こぬか薬師御開扉時の御朱印

5.薬師院

こぬか薬師とも呼ばれています。
こちらは仏像マニアとしてもたまらない場所。

毎年10月8日に 指くらいの大きさの御本尊、薬師如来像と十二神将が御開扉され、
当日のみ金色の「瑠璃光殿」の御朱印を受けられます。

画像(400x235)・拡大画像(800x470)

信長バージョンの御朱印

6.建勲神社

もともとは豊臣秀吉が信長のために船岡山に建立しようとした土地に
明治天皇が信長の偉勲を称えて建てた神社。

信長が用いた「天下布武龍章」の大型印と花押もある
歴史ファンにはたまらない御朱印。

画像(266x400)・拡大画像(533x800)

7.八大神社

境内地「一乗寺下り松」は
宮本武蔵と吉岡一門の決闘で有名な地。

この神社の御祭神は八王子命(はちおうじのみこと)など。
御朱印にはもちろん武蔵バージョンが。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

六角堂の御朱印。力強い字体が魅力。

8.六角堂

聖徳太子による創建、
いけばな発祥の地で有名な六角堂。

御朱印はシンプルながら、
墨の字体がお気に入りです。

画像(157x240)・拡大画像(526x800)

字体に個性あふれる御朱印

9.金剛寺

日本三庚申(こうしん)の一つから八坂庚申堂とも呼ばれていて
病気平癒や災難滅除を祈願する。「くくり猿」「コンニャク封じ祈祷」で有名。

御朱印の字体は何とも言えない味があります。

画像(400x273)・拡大画像(451x308)

勝林寺禅語御朱印

10. 勝林寺

東福寺の塔頭寺院、勝林寺。
御本尊の毘沙門天や吉祥天もそうですが
四季折々色彩豊かな禅語入りの御朱印は集め甲斐があります。

画像(400x400)・拡大画像(480x480)

勝林寺 吉祥天の御朱印もかわいい!

いかがですか?

まだまだ紹介したいものがありますが、
現時点、京都の御朱印でお気に入りの御朱印、
独断と偏見による
ベスト10を紹介させて頂きました。

付け加えておくと、
印象に残る御朱印ですが、
やはり参拝時の雰囲気や気分も多分に影響があります。

やはり参拝してから頂く
御朱印は格別です。

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年02月12日(月)

〜「京都五山」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

皆さん こんにちは。

今日は僕の体験談。

禅宗に興味をお持ちのスウエーデン人からのお客様。
ご案内は勿論、「京都五山」6つの禅寺を紹介したのですが・・

そこは勉強不足の新人ドライバー、
下記のような質問を浴び、
表面的な知識しかないことが露呈!

Q 五山の由来は?
Q どういう経緯で京都五山が選定されたの?
Q なぜ6つなのか?

Qの質問には答えられるものの、
そこをお客様の興味にあった返答をする!

この仕事の奥深さ、歴史の神秘など思い知らされ、
正直お客様と一緒に学びながらの案内となってしまった!


今回は「京都五山」について
表面的ではありますが
噛み砕いて紹介したいと思います。

画像(400x266)・拡大画像(720x480)

別格:南禅寺

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

第一位:天龍寺

画像(400x300)・拡大画像(460x345)

第二位:相国寺

画像(400x267)・拡大画像(560x375)

第三位:建仁寺

画像(400x300)

第四位:東福寺

画像(400x300)

第五位:万寿寺


南禅寺・・・別格
天龍寺・・・第一位
相国寺・・・第二位
建仁寺・・・第三位
東福寺・・・第四位
万寿寺・・・第五位


ここまでは
京都観光、ファンの方は皆さんご存知だと思います。

南禅寺を別格とする6つの禅寺を
「京都五山」と呼びますよね。

画像(400x300)・拡大画像(472x354)

南宋時代の禅寺のひとつ

ではその経緯は?

こちらも定かではないので
諸説あるのが歴史の面白いところ。

そして観光の奥深いところであると
魅力を感じます。

時代は鎌倉までさかのぼります。
当時、北条氏は 南宋にならい五山制度を導入したと伝えられています。
(そこで 南宋の制度は? 南宋時代の禅は?という質問に答えられなかった!!
興味を持ったことを更に調べてみるのが 観光の楽しみのひとつ!)

その際
鎌倉の寺院を中心とする五山を選定したのが
はじまり。

その中に京都の建仁寺も入っていた・・と伝えられています。

画像(307x359)

後醍醐天皇

では、

なぜ建仁寺が別格でないのか?

鎌倉時代後期に鎌倉幕府討幕を果たした後醍醐天皇
建武の新政を布くわけですが、

その際、「五山」も南禅寺、大徳寺を中心として
京都本位に改められました。

しかしなぜ大徳寺は「京都五山」に入っていないのか?


画像(371x400)・拡大画像(405x436)

足利尊氏

更に、

南北朝時代に入り、
足利尊氏や弟の直義は禅宗を深く信仰します。

「五山」も足利将軍家が帰依していた
夢窓疎石が中心となって新たに制定されたのです。

画像(294x316)

足利義満

その後も
何度か「五山」は選定し直され、
室町時代に入って 三代将軍 足利義満が相国寺を創建した後、
「五山」を京都五山と鎌倉五山に分けました。

その際 南禅寺を五山の別格におくという改革が行われたのです。

なぜなら
幕府は権威を保持するために
寺社の統制をおこなって宗教側面を付加させたかった
からなのです。

ここで 相国寺が第一位に、天龍寺(尊氏が後醍醐天皇を弔うために建立)が第二位
に位置付け変更されましたが、
義満が亡くなると元に戻されました。

「五山」選定は当然ながら
政権にも左右されてきたのです。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

大徳寺

いかがですか?

これくらい知っている、という方も
沢山いらっしゃるでしょうが
復習で見て頂ければ幸いです。


ちなみに、
南禅寺が別格!と位置付けされてますが
あくまで「五山」は足利幕府の位置付けであります。

京都には沢山の素晴らしい禅寺があります。

例えば 大徳寺は最も由緒ある禅寺でありますが、
足利幕府から格下げされたことで
自ら五山脱却していますし、

有名な 妙心寺は足利の政敵、大内義弘に肩入れしたために
義満が寺領を没収したため「五山」には
入っておらず、
その後、江戸時代になって復興した歴史があります。

「京都五山」。
それは足利幕府によって位置付けされた
禅宗のお寺で 決して京都の禅寺を順位付けしたものでは
ないのですね。

画像(400x253)・拡大画像(480x304)

妙心寺

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年01月29日(月)

〜「京都の正月:初天神 北野天満宮」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

寒波に凍える京都。

1月最後は北野天満宮の「天神さん」、
「初天神」
を紹介したいと思います。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

初天神は雪が舞い散る寒波の中行われた

学問の神様として知られる北野天満宮。
毎月25日に「天神さん」が行われますが

今年最初の縁日「初天神」はこの冬一番の厳しい冷え込みの中で
合格を祈願する受験生や、境内に並んだ露店で骨董品や衣料品を
品定めする参拝者でにぎわいました。

1月下旬の京都は
朝晩はマイナス、雪の舞い散る
気候。

外国人観光客の中にはスマホで
雪の降るのを動画撮りしている姿も
見られます。

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

今年は戌年

天満宮の祭神、菅原道真の誕生日と命日にちなみ、
毎月25日は境内周辺で縁日が開かれます。

1月の縁日は初天神と呼ばれていて、
12月の「終(しま)い天神」と並んでにぎわいます。

受験シーズンと重なることもあり
毎年たくさんの参拝者が訪れます。
 
前の夜から雪が降って境内は雪化粧。
早朝から神職らが参道を雪かきをして備えたそうです。

画像(400x241)・拡大画像(450x272)

先日紹介しました東寺の「弘法さん」と同じく
境内には 約1000(実際はそんなに無いような印象でしたが)
の露店が出ます。

画像(400x266)・拡大画像(620x413)

なで牛を撫でて自分の頭を撫でると頭がよくなる!?

境内のなで牛も有名。

なで牛は牛が横たわった臥牛像で、 境内に十数体奉納されています。
牛は「「菅原道真が生まれたのが845年(承和12年) の丑(うし)年」・
「菅原道真が亡くなったのが903年(延喜3年)2月25日で、丑の月の 丑の日」などの理由から
天神さん(菅原道真)のお使いとされています。

画像(400x320)・拡大画像(425x340)

梅の季節、はーやく来い!

北野天満宮は
春は「梅」、秋は「紅葉」が楽しめる
四季折々の顔を持った京都屈指の名所でもあります。

画像(400x266)・拡大画像(535x356)

秋の紅葉庭園。案外穴場です。

画像(400x273)・拡大画像(460x314)

三光門の伝説

本殿前の中門は三光門。
この門には 神秘的な「星欠けの三光門」伝説が残っているそうです。

門の名は日・月・星の彫刻に由来しています。
星は天上に輝く北極星を表しますが、実際には刻まれていません。

言い伝えられているのは
平安時代、御所の場所は現在と違って
千本丸太町に位置し、
天皇が天満宮に向かってお祈りをされる時に、
三光門の真上に北極星が輝いていたからだ!?、
というロマンチックな由来。

画像(400x284)・拡大画像(473x336)

国宝の本殿

こちらは、国宝の社殿です。
大きな神社に見受けられる、複数の鈴が北野天満宮にもありましたが、
参拝者数が多すぎて拝礼するための行列が出来ています。
参拝の前に御手洗(みたらし)で手を清めます。

この社殿の向かって左には、時節柄、子供達の書初めが沢山掲示されています。
見ていると言葉の選択に
個性が出ていて面白いです。

いかがですか?

毎月25日の「天神さん」
是非一度楽しんでみて下さい。

画像(400x300)・拡大画像(480x360)

書初め

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年01月21日(日)

〜「京都の正月:東寺 初弘法市の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

1月も終盤となり
京都の街中も静かな季節。
いつもは沢山の観光客でにぎわう京都ですが、
これが本来の姿なのかも知れません。

そんな中、
ひと際に賑やかなイベントが
東寺の初弘法 と 北野天満宮の初天神!

今回は「初弘法」について触れてみます。

画像(320x240)

五重の塔と露店

「弘法さん」。
そう、あの弘法大師「空海」のことです。
794年に東寺と西寺が建立され(西寺は早くに衰退し現在は跡地のみ。)、
空海が真言密教の道場として基礎を固め、
中世近世を通して勢力を維持してきました。

大師の信仰は厚く、
大師の住坊を再建したと言われる東寺西院御影堂(みえいどう)には、
月の21日(大師の忌日)に大勢の信者が参拝にやって来ます。

人々が盛んに参詣に訪れるようになったので、
当時『一服一銭』と言われるごく
簡素な屋台で茶を商う商人(茶店の前身のようなもの)が出始めるようになり、
江戸時代には茶店だけではなく、植木屋や薬屋なども出てくるようになりました。
これが現在の「弘法さん」の起源だと言われています。

毎月21日に催される弘法さんですが、
1月を「初弘法」 12月を「終い弘法」と呼び
沢山の参拝客、観光客が訪れます。

骨董・特産品・植木・園芸・陶器など、
1100軒の露店が並びます。
たくさんのお店。掘り出し物を見つけるのも楽しみの一つ。


買う気があるときは値切ってみましょう。
結構値引きしてくれます。

僕は仏像の置物に目が留まり、
いくつか買って相当値切ってしまいました。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

仏像の置物を売る露店で値切ってみた!

画像(322x400)・拡大画像(350x434)

弘法大師 空海。京都には空海ゆかりの寺院が沢山あります。

いかがですか?
一度「弘法さん」の日に
東寺を訪れてみて下さい。

注意としては、
沢山の参拝客の中には高齢の方も多いので
周りに気を使いながら楽しんで下さい。

そして
骨董市では 所謂「ばったもの」偽物もありますので
ご自身の判断で購入してください。
自分の目で気に入ったものを、
自分が納得する値段で購入するのが
極意であると思います。

露店の写真を撮ったり、たたき売りを見物する際は
注意。 写真を嫌ったり、見物するなら買う、
という暗黙のルールを持つ露店主も存在します。


最後に
せっかく東寺を参拝したなら、
五重塔や金堂の国宝や重要文化財など、
しっかり見て下さいね。

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年01月16日(火)

〜「京都の正月:大的大会(三十三間堂)」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

京都は朝晩一年で一番冷える季節を迎えています。

京都の1月の15日に近い日曜日。
今年は14日(日)に伝統の大的大会が
三十三間堂で行われました。

当日は気温が5度前後!!
何組もの新成人参加者を送迎しました。

本では読んだことがあっても
実際に彼ら・彼女らから聞いた
大会のリアルな緊張感に
ついつい「頑張って下さいね。」
と応援してしまいました。

センター試験や京都女子マラソンなど
同じ日に行われたのですが、
今回は「大的大会」にスポットを当ててみます。

画像(400x269)・拡大画像(683x460)

三十三間堂の通し矢は、
着物の新成人女子が弓を引く姿が美しく人気がある京都の冬の風物詩。
最近は外人観光客にも人気の行事です。
女子ばかりが目立ちますが、
新成人男子や称号者も出場します。

三十三間堂の通し矢は、
「大的(おおまと)大会」と呼ばれる競技大会で、
江戸時代の通し矢とは距離やルールが異なります。

新成人による通し矢は1951年(昭和26年)から行われてきました。

特に人気なのは振袖・袴の新成人女子。
着物姿は美しさと、たすきがけの後ろ姿は
見ていても華やか! 

日本人に生まれて良かったと思ってしまいます。

新成人なら誰でも申し込みできるわけではなく、
初段以上であることが条件です。
 
さらに大的大会では新成人だけでなく、
称号者(錬士・教士・範士)も出場します。

伝統的な所作も楽しめるわけです。

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

タイムスケジュールは
大体こんな感じだったようです。

07:45 開会式
08:00 矢渡し
08:30 新成人男子
10:50 新成人女子
13:50 称号者
15:00 決勝

通し矢の的までの距離は60m!!

新成人競技者によると普段こんなに遠い的を射ることは
少ないそうです。

予選の新成人の的の大きさは100cm、
称号者の的の大きさは79cm。
 
1人が射る矢の数は2本(一手)で、
決勝に進むための条件は2本とも的にあてること。
 
予選で射る新成人の人数は例年、
男女合わせて約2000人。
称号者の人数は約100人。
 
1人が2射する時間はおよそ2分。
1つの的を同時に3人が行射します(各々自分のタイミングで射ます。)。
的は合計4つ設置され、12人が横に並んで弓を引きます。
 
 
決勝は1射ずつ矢を放って、
外した人が脱落していく射詰競射(いづめきょうしゃ)のルールで進行。
最後まで残った人が優勝です。

的までの距離は60m。
的の大きさは新成人が79cm、称号者が50cm。
 
ちなみに矢は自前のものを使用。
放ってしばらくたった後に
複数名分の矢がまとめて返却されます。
その中から自分のものを回収します。

画像(400x265)・拡大画像(624x414)

当日送迎した新成人競技者のお客様に
教えていただいた話では、

1400番台の番号の彼女が射たときに
的を二つとも射抜いて決勝進出が決まっていたのは
たった1名だった!!!

それだけ難しい、精神力・集中力がいる競技!

もうひとつ、こぼれ話。
当日はウォーミングアップや練習などなしのぶっつけ本番。

順番待ちは外なので
かなり体が冷えてしまい、
それも競技に影響する。

競技後の爽やかな表情を見ると
参加することに意義があるのでしょうね。

来年は実際に現場で見てみたいなーと感じました。

競技者の皆様、ご苦労様でした。

画像(400x354)・拡大画像(470x416)

番外編 楊枝のお加地

大的大会をフィーチャーしましたが、
三十三間堂で同日に行われる「楊枝のお加地」も
京都の1月の風物詩。

「楊枝のお加持(やなぎのおかじ)」とは、
平安時代から続くインド伝来の修法といわれています。
 
この日に参拝に行くと、観音様に祈願に用いた特別な水を、
「聖樹・楊枝=柳の枝」で振りかけてくれます。
この参拝に参加することで
頭痛を和らぎ、無病息災のご利益があるといわれているのです。
 
昔から、大的大会(通し矢)と同じ日に楊枝のお加持が行われてきました。
だから、この二つの行事は常にセットなんです。
 
開門時間:8am〜5pm
参拝時間:9am〜3:30pm
拝観料: 無料 (当日のみ)
  

Posted by 観光部   パーマリンク

過去の記事へ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

PHOTO

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭 続編〜

ドライバーからの夏便り 〜祇園祭 続編〜

桜速報 椿寒桜 宇多野病院(*^-^*)/

桜速報 椿寒桜 宇多野病院(*^-^*)/

秋の観光シーズン到来!

秋の観光シーズン到来!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog