観光部ブログ

2018年03月13日(火)

〜「京都の春:京都の花街」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

朝晩はまだまだ寒さが残りますが、
日中は暖かい日も増え、
待望の春です。

京都の街はアカデミック。
大学・高校などたくさんの学校がある街でもあります。

住むところを探して回る新入学生がいるかと思えば、
晴れ着姿で卒業を迎える人たちも・・・。

春は出会いと別れが交差する季節でもあります。


そんな特別な季節を
更に華やかにするのが
京都に5つある花街(かがい)の伝統行事!!

今回は花街について
簡単に紹介したいとおもいます。

画像(400x334)・拡大画像(570x477)

今年の梅花祭。上七軒 梅わかさんと芸妓さんたち

京都には、

祇園甲部
宮川町
先斗町
上七軒
祇園東部

という5つの花街があります。

花街の春は
2月25日に北野天満宮で行われる
上七軒の「節分祭」から華やかになります。

画像(285x400)・拡大画像(315x441)

祇園甲部歌舞会 都をどり

節分祭のあと、

各花街で歌舞会で行われます。

2018年の予定は、

上七軒 北野をどり(3月25〜4月7日)

祇園甲部 都をどり(4月1日〜30日)

宮川町 京をどり (4月7日〜4月21日)

先斗町 鴨川をどり (5月1日〜5月24日)

そして、

6月には 五花街合同公演 が行われて

祇園東 祇園をどり(11月1日〜10日)

へとつながります。


中でも 祇園甲部歌舞会 都をどりは有名ですよね。

画像(400x118)・拡大画像(800x237)

五花街合同公演

画像(225x225)

祇園甲部

祇園甲部(ぎおんこうぶ)

「祇園さん」と地元で呼ばれ
八坂神社の門前町として栄えてきました。

花見小路四条から南には、
江戸時代の茶屋建築が残っていて
趣き深い街並みが
THE KYOTO!といった情緒を形作っています。

舞踏は 京舞井上流。
春に「都をどり」、秋には「温習会」の公演があります。

画像(225x225)

宮川町

宮川町(みやがわちょう)

鴨川の東側、
四条から五条にある花街。

江戸時代には伝説の出雲阿国の
歌舞伎公演が行われた。

舞踏は若柳流。

春に「京をどり」、秋に「みずゑ会」
の公演あり。

画像(225x225)

先斗町

先斗町(ぽんとちょう)

鴨川と木屋町通の間、三条、四条間にある花街。

鴨川から見える先斗町歌舞練場はいとおかし。

ポントとはポルトガル語の「先端」から採ったとされている。

舞踏は尾上流。

春に「鴨川をどり」、秋に「水明会」の公演あり。

画像(225x225)

上七軒

上七軒(かみしちけん)

北野天満宮の東側にある花街。

室町時代に北野天満宮の修造の際
七軒の茶屋を建て、参拝客の休憩所としたのが始まり
と言われています。

舞踏は花柳流。

春に「北野をどり」、秋に「寿会」の公演あり。

画像(225x225)

祇園東

祇園東(ぎおんひがし)

もともとは
祇園甲部と一緒の花街であったが、
明治14年に分けられた。

祇園甲部北側を祇園東とした。

舞踏は藤間流。

秋に「祇園をどり」が行われる。

画像(176x225)

真希乃さん

芸妓さんの中でも、

全国でも名の通る方々を少し紹介しますと・・・

画像(400x359)・拡大画像(534x480)

まめ春さん

画像(216x357)

照古満さん

画像(394x400)・拡大画像(669x679)

紗矢佳さん

画像(292x400)・拡大画像(488x667)

紗月さん

いかがですか?

芸妓さんにもそれぞれ個性があり、
人気の芸妓さんになると
出待ちの人数も数多く、
カメラを持ち待つ観光客も数多いです。

皆さん、
あくまで芸妓さんは出勤、
または仕事中に花街を歩いているので
過度に邪魔になるような行為や、
相手を不快にする行為は慎んで、

彼女達の優雅さと京都の伝統・文化を感じてみて下さいね。


歌舞会を見にいきたい!
という方は、
各花街のホームページより注文してください。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

先斗町の千社札

番外編: 千社札(せんじゃふだ)について

舞妓・芸妓さんは名刺の代わりに
「千社札」を持ち歩いてます。(シールで貼れるようになっている)

僕らドライバーも 送迎の際に頂くことがあります。
財布の中に入れておくと縁起が良い、ということです。

お金が舞い込む → お金が舞妓む

と伝えられているようです。

舞妓さん、芸妓さんは
この千社札を 神社仏閣で許可をもらって
所定の場所に貼っていきます。

祇園周辺の神社仏閣を参拝の際、
気を付けて見てみるのも楽しいです。

千社札は、もともとは
江戸時代に庶民の間で流行したもので、

巡礼(千社詣:願いを叶えるため千の神社を参拝する)の際、
その印として住所・名前・年齢などを
木や紙の札に書き、収めたのが始まりだそうです。

舞妓・芸妓さんのものは
色々な形やタイプがあります。

画像(400x300)・拡大画像(500x375)

お茶屋に貼られた千社札

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年03月04日(日)

〜「ピロピが選ぶ京グルメBいちごやま FUKUNAGA294」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさんこんにちは。

夜勤明け、
京都の話を聞かせてもらうため、
仲間と約束の場所に向かう途中、

今京都で話題の「いちごやま」を一度は
食べてみたいと足を運びました。

画像(400x400)・拡大画像(480x480)

FUKUNAGA 294河原町店は2017年10月にオープン。

株式会社フクナガは京都で1930年に創業、
「リプトン」をはじめ、
「串くら」「かつくら」「ばらのき」「ハニービー」など
京都の繁華街に飲食店を展開しています。

FUKUNAGA294といえば
オープン当初は洋食で話題になってましたが、
今年の1月に「いちごやま」を発表したところ、
インスタ映えすることもあり、
すぐに行列のできる店となりました。

その話題の「いちごやま」!!

まずは10時半から配られる100名限定の整理券をゲットし、
当日17時までに来店すれば味わえる!!

ということで
朝早くから
20代の女性の行列の中、
仲間の分も含めてゲットし、

早速味わってみました!

画像(320x400)・拡大画像(640x800)

こちらの売りは
なんとイチゴが1パックモリモリに盛られていて
まさにタイムリーな「もぐもぐタイム」!!

生クリーム、カスタード、スポンジ、アイスの入った
豪華なパフェになっています。

甘さ控えめで
ビタミンも豊富。


こちらは4月末までの限定販売となっていますので、
是非試してみてください。


場所:河原町通り蛸薬師上がる東側

営業:11:00−22:00(金土は22:30)
   年中無休

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年02月26日(月)

〜「ピロピが選ぶ 京都の御朱印」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさんこんにちは。

春の気配が少しずつ感じられる京都。

今回は「御朱印」について紹介します。

仏像マニアである僕ですが、
実は御朱印マニアでもあり、小学生の頃から集めた御朱印帳が
現在18冊目!!

御朱印の魅力とは?

御朱印ブームでありますが、
御朱印を頂く意味とは? 歴史とは?

について紹介します。

画像(320x320)

御金神社の御朱印

御朱印は 寺社仏閣によって、墨書きされる方によって
味のあるアートと呼んでも良いものだ、
と思います。

まず、見た目に魅力を感じて
集める方も多いと思います。

御朱印のはじまりは・・・
こちらも一説ではありますが、

鎌倉時代に写経を奉納する際に受けた
「納経請取状」が始まりと言われています。

受付印?のような感じでしょうか?

江戸時代くらいになると、
寺院に参拝した証として受けられるようになり、
同様に神社にも広がっていきます。

ですから、
参拝した後に御朱印を受けることによって
御利益や功徳を受けられる、
というのが本来のあり方なのです。

日蓮宗の寺院では御朱印のことを「御首題(ごしゅだい)」と呼ぶようです。

御朱印には

参拝日付
寺院ゆかりの印
御本尊名
御宝印・三宝印
鎮座地

などが記されます。

それでは
僕が参拝した京都の寺院、神社の中で
お気に入りの御朱印を紹介したいと思います。

画像(400x293)・拡大画像(651x478)

佛光寺の御朱印。季節感あふれる挿絵がかわいい。

1.佛光寺

いつも人気の季節を表した挿絵が魅力。

少し前まで、毎月挿絵が変わっていましたが、
現在ではあまりの人気に
三か月ごとに。 一日先着限定人数が
御朱印を受けられます。

画像(256x400)・拡大画像(320x500)

若冲の骸骨絵は年によって色が変わります。

2.宝蔵寺
天才画家 伊藤若冲ゆかりの寺で伊藤家の菩提寺。

毎年2月8日、若冲の誕生日の前後数日間は若冲画の骸骨印のレア御朱印が。

画像(400x314)・拡大画像(610x480)

泉涌寺塔頭、即成院の御朱印

3.即成院

泉涌寺の塔頭 即成院。
皇室ゆかりの御寺。
弓の名手、那須与一ゆかりの寺でもあります。

御朱印も元旦、花まつり、ご本尊阿弥陀如来、那須与一など
色々なバージョンがありますが、
色彩といい字体といい
アート性の高いものが受けれます。

画像(400x261)・拡大画像(800x523)

神泉苑の御朱印には新たに「義経」バージョンも!!

4.神泉苑

白拍子静御前の雨ごいの舞や
「祇園祭」の起源としても有名な神泉苑。

御朱印にも多くの種類があります。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

こぬか薬師御開扉時の御朱印

5.薬師院

こぬか薬師とも呼ばれています。
こちらは仏像マニアとしてもたまらない場所。

毎年10月8日に 指くらいの大きさの御本尊、薬師如来像と十二神将が御開扉され、
当日のみ金色の「瑠璃光殿」の御朱印を受けられます。

画像(400x235)・拡大画像(800x470)

信長バージョンの御朱印

6.建勲神社

もともとは豊臣秀吉が信長のために船岡山に建立しようとした土地に
明治天皇が信長の偉勲を称えて建てた神社。

信長が用いた「天下布武龍章」の大型印と花押もある
歴史ファンにはたまらない御朱印。

画像(266x400)・拡大画像(533x800)

7.八大神社

境内地「一乗寺下り松」は
宮本武蔵と吉岡一門の決闘で有名な地。

この神社の御祭神は八王子命(はちおうじのみこと)など。
御朱印にはもちろん武蔵バージョンが。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

六角堂の御朱印。力強い字体が魅力。

8.六角堂

聖徳太子による創建、
いけばな発祥の地で有名な六角堂。

御朱印はシンプルながら、
墨の字体がお気に入りです。

画像(157x240)・拡大画像(526x800)

字体に個性あふれる御朱印

9.金剛寺

日本三庚申(こうしん)の一つから八坂庚申堂とも呼ばれていて
病気平癒や災難滅除を祈願する。「くくり猿」「コンニャク封じ祈祷」で有名。

御朱印の字体は何とも言えない味があります。

画像(400x273)・拡大画像(451x308)

勝林寺禅語御朱印

10. 勝林寺

東福寺の塔頭寺院、勝林寺。
御本尊の毘沙門天や吉祥天もそうですが
四季折々色彩豊かな禅語入りの御朱印は集め甲斐があります。

画像(400x400)・拡大画像(480x480)

勝林寺 吉祥天の御朱印もかわいい!

いかがですか?

まだまだ紹介したいものがありますが、
現時点、京都の御朱印でお気に入りの御朱印、
独断と偏見による
ベスト10を紹介させて頂きました。

付け加えておくと、
印象に残る御朱印ですが、
やはり参拝時の雰囲気や気分も多分に影響があります。

やはり参拝してから頂く
御朱印は格別です。

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年02月12日(月)

〜「京都五山」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

皆さん こんにちは。

今日は僕の体験談。

禅宗に興味をお持ちのスウエーデン人からのお客様。
ご案内は勿論、「京都五山」6つの禅寺を紹介したのですが・・

そこは勉強不足の新人ドライバー、
下記のような質問を浴び、
表面的な知識しかないことが露呈!

Q 五山の由来は?
Q どういう経緯で京都五山が選定されたの?
Q なぜ6つなのか?

Qの質問には答えられるものの、
そこをお客様の興味にあった返答をする!

この仕事の奥深さ、歴史の神秘など思い知らされ、
正直お客様と一緒に学びながらの案内となってしまった!


今回は「京都五山」について
表面的ではありますが
噛み砕いて紹介したいと思います。

画像(400x266)・拡大画像(720x480)

別格:南禅寺

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

第一位:天龍寺

画像(400x300)・拡大画像(460x345)

第二位:相国寺

画像(400x267)・拡大画像(560x375)

第三位:建仁寺

画像(400x300)

第四位:東福寺

画像(400x300)

第五位:万寿寺


南禅寺・・・別格
天龍寺・・・第一位
相国寺・・・第二位
建仁寺・・・第三位
東福寺・・・第四位
万寿寺・・・第五位


ここまでは
京都観光、ファンの方は皆さんご存知だと思います。

南禅寺を別格とする6つの禅寺を
「京都五山」と呼びますよね。

画像(400x300)・拡大画像(472x354)

南宋時代の禅寺のひとつ

ではその経緯は?

こちらも定かではないので
諸説あるのが歴史の面白いところ。

そして観光の奥深いところであると
魅力を感じます。

時代は鎌倉までさかのぼります。
当時、北条氏は 南宋にならい五山制度を導入したと伝えられています。
(そこで 南宋の制度は? 南宋時代の禅は?という質問に答えられなかった!!
興味を持ったことを更に調べてみるのが 観光の楽しみのひとつ!)

その際
鎌倉の寺院を中心とする五山を選定したのが
はじまり。

その中に京都の建仁寺も入っていた・・と伝えられています。

画像(307x359)

後醍醐天皇

では、

なぜ建仁寺が別格でないのか?

鎌倉時代後期に鎌倉幕府討幕を果たした後醍醐天皇
建武の新政を布くわけですが、

その際、「五山」も南禅寺、大徳寺を中心として
京都本位に改められました。

しかしなぜ大徳寺は「京都五山」に入っていないのか?


画像(371x400)・拡大画像(405x436)

足利尊氏

更に、

南北朝時代に入り、
足利尊氏や弟の直義は禅宗を深く信仰します。

「五山」も足利将軍家が帰依していた
夢窓疎石が中心となって新たに制定されたのです。

画像(294x316)

足利義満

その後も
何度か「五山」は選定し直され、
室町時代に入って 三代将軍 足利義満が相国寺を創建した後、
「五山」を京都五山と鎌倉五山に分けました。

その際 南禅寺を五山の別格におくという改革が行われたのです。

なぜなら
幕府は権威を保持するために
寺社の統制をおこなって宗教側面を付加させたかった
からなのです。

ここで 相国寺が第一位に、天龍寺(尊氏が後醍醐天皇を弔うために建立)が第二位
に位置付け変更されましたが、
義満が亡くなると元に戻されました。

「五山」選定は当然ながら
政権にも左右されてきたのです。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

大徳寺

いかがですか?

これくらい知っている、という方も
沢山いらっしゃるでしょうが
復習で見て頂ければ幸いです。


ちなみに、
南禅寺が別格!と位置付けされてますが
あくまで「五山」は足利幕府の位置付けであります。

京都には沢山の素晴らしい禅寺があります。

例えば 大徳寺は最も由緒ある禅寺でありますが、
足利幕府から格下げされたことで
自ら五山脱却していますし、

有名な 妙心寺は足利の政敵、大内義弘に肩入れしたために
義満が寺領を没収したため「五山」には
入っておらず、
その後、江戸時代になって復興した歴史があります。

「京都五山」。
それは足利幕府によって位置付けされた
禅宗のお寺で 決して京都の禅寺を順位付けしたものでは
ないのですね。

画像(400x253)・拡大画像(480x304)

妙心寺

Posted by 観光部   パーマリンク

2018年01月29日(月)

〜「京都の正月:初天神 北野天満宮」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT! [観光情報]

画像(125x125)

みなさん こんにちは。

寒波に凍える京都。

1月最後は北野天満宮の「天神さん」、
「初天神」
を紹介したいと思います。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

初天神は雪が舞い散る寒波の中行われた

学問の神様として知られる北野天満宮。
毎月25日に「天神さん」が行われますが

今年最初の縁日「初天神」はこの冬一番の厳しい冷え込みの中で
合格を祈願する受験生や、境内に並んだ露店で骨董品や衣料品を
品定めする参拝者でにぎわいました。

1月下旬の京都は
朝晩はマイナス、雪の舞い散る
気候。

外国人観光客の中にはスマホで
雪の降るのを動画撮りしている姿も
見られます。

画像(400x225)・拡大画像(800x450)

今年は戌年

天満宮の祭神、菅原道真の誕生日と命日にちなみ、
毎月25日は境内周辺で縁日が開かれます。

1月の縁日は初天神と呼ばれていて、
12月の「終(しま)い天神」と並んでにぎわいます。

受験シーズンと重なることもあり
毎年たくさんの参拝者が訪れます。
 
前の夜から雪が降って境内は雪化粧。
早朝から神職らが参道を雪かきをして備えたそうです。

画像(400x241)・拡大画像(450x272)

先日紹介しました東寺の「弘法さん」と同じく
境内には 約1000(実際はそんなに無いような印象でしたが)
の露店が出ます。

画像(400x266)・拡大画像(620x413)

なで牛を撫でて自分の頭を撫でると頭がよくなる!?

境内のなで牛も有名。

なで牛は牛が横たわった臥牛像で、 境内に十数体奉納されています。
牛は「「菅原道真が生まれたのが845年(承和12年) の丑(うし)年」・
「菅原道真が亡くなったのが903年(延喜3年)2月25日で、丑の月の 丑の日」などの理由から
天神さん(菅原道真)のお使いとされています。

画像(400x320)・拡大画像(425x340)

梅の季節、はーやく来い!

北野天満宮は
春は「梅」、秋は「紅葉」が楽しめる
四季折々の顔を持った京都屈指の名所でもあります。

画像(400x266)・拡大画像(535x356)

秋の紅葉庭園。案外穴場です。

画像(400x273)・拡大画像(460x314)

三光門の伝説

本殿前の中門は三光門。
この門には 神秘的な「星欠けの三光門」伝説が残っているそうです。

門の名は日・月・星の彫刻に由来しています。
星は天上に輝く北極星を表しますが、実際には刻まれていません。

言い伝えられているのは
平安時代、御所の場所は現在と違って
千本丸太町に位置し、
天皇が天満宮に向かってお祈りをされる時に、
三光門の真上に北極星が輝いていたからだ!?、
というロマンチックな由来。

画像(400x284)・拡大画像(473x336)

国宝の本殿

こちらは、国宝の社殿です。
大きな神社に見受けられる、複数の鈴が北野天満宮にもありましたが、
参拝者数が多すぎて拝礼するための行列が出来ています。
参拝の前に御手洗(みたらし)で手を清めます。

この社殿の向かって左には、時節柄、子供達の書初めが沢山掲示されています。
見ていると言葉の選択に
個性が出ていて面白いです。

いかがですか?

毎月25日の「天神さん」
是非一度楽しんでみて下さい。

画像(400x300)・拡大画像(480x360)

書初め

Posted by 観光部   パーマリンク

過去の記事へ

3

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

ドライバーからの桜便り2013〜御室桜満開〜

ドライバーからの桜便り2013〜御室桜満開〜

〜「京都の正月:10日ゑびす」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「京都の正月:10日ゑびす」の巻〜 ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「千本釈迦堂:大報恩寺のサバイヴァル!」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

〜「千本釈迦堂:大報恩寺のサバイヴァル!」の巻〜ピロピの 新人ドライバー奮闘記!  SEE THE LIGHT!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog